新しい葉の色は「緑=green」のはずですが、

なぜ「青=blue」で表現されるのかご存知ですか?

古代の日本では、色を表す言葉は黒・白・赤・青の4種類しかなかったと言われています。

青の色の範囲は広く、緑や紫まで含んでいたため、現在でも日本語では青と緑の区別があいまいになっています。

例えば、進んでいいことを表す信号の色は「青信号」、その他にも「青りんご」、「青虫」、「青野菜」など、本来は緑色のものを青と呼ぶ習慣が日本語にはあります。

また反対に「彼はまだ未熟だ=He is still green」という英語表現は日本語では「彼はまだ青い」となります。「青」と「緑」の表現の違いについて、皆さんの国の言葉と比較してみるのも面白いでしょう。

Categories

Social Media