先日、外国人にプレゼンを教える講座で、JOBSのプレゼンを真似する受講生が居たが、同席していた日本人からの評価がとても低かった。そこで、外国人が日本語でプレゼンをする時のポイントを紹介しよう。

 

オーソドックスな型を身に付ける

日本語でプレゼンする場面なら、聴衆には英語が苦手な人が多いだろう。そういった日本人は、JOBSのようなプレゼンには不慣れだ。むしろ、この動画のようなシンプルなのが、一般的な日本人には馴染みやすい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=G1dNSkGuCeg

 

内容をブラッシュアップする

上級者は、日本人に負けないような完璧なプレゼンを目指す。ロジカルで、informativeで、さらに日本人にも分かりやすい内容が理想的だ。

中級者以下は、日本語の不完全さをカバーする方法を考える。まずは、あなた(の会社)に好感を持たれることを目標にしよう。そのためには、提案する商品・サービスのメリットだけでなく、デメリットも伝えることをお勧めする。露骨なアピールより、誠実にデメリットも伝えた方が日本人の信頼を得やすいからだ。

 

練習をする

ビデオに撮って見直そう。ビデオカメラが無ければ、携帯やバンディカムを使おう。

http://www.bandicam.com/main.php?from=jp

 

2人の日本人からフィードバックを貰う

日本語の正しさについては日本語教師が良いだろう。特に、助詞、文末表現を正しくしよう。

内容については、ビジネスパーソンに頼むのが良いだろう。

あなたの成功を祈っています!

 

 

Categories

Social Media